映画「ゆれる」

| コメント(0)

ゆれる オリジナルサウンドトラックオダギリジョー主演の映画「ゆれる」を新宿武蔵野館にて鑑賞。客層はおば様方が多数。オダギリ狙いの若い人が多いと思っていたので意外です。「ユナイテット93」とどちらかをみようと思っていたのですが、ユナイテッドのほうはすでに立ち見になっていたのでこちらにしました。

あくまでもカッコイイ男、カメラマンとして成功している弟・オダギリジョーと、田舎で父の経営するガソリンスタンドで働くさえない兄役の香川照之。とにかく終始2人の演技が強烈に光っておりました。オダギリジョーの演技も良かったのだけれど、何を考えているのか分からないようで分かる、兄・稔の「怖さ」が印象的。2人が凄かったこともあって、お父さん役の伊武雅刀あたりも迫力負けしていたような気がしました。

そして、ついついプロジェクトXのナレーションを思い浮かべてしまう、田口トモロヲの裁判官や、大柄な刑事ピエール瀧、しゃべり口が独特で、こんな検察官がいるのかなと思うような木村祐一など、一風変わった共演者も楽しめます。

個人的にはラストシーンがどうも消化不良。はっきりしないラストはどうも苦手です。映画館を出た後にどうもモヤモヤしてしまうんですよねぇ。それが狙いなのだとは思うのですが、原作のラストもこうだったのでしょうか?気になるので読んでみようかな。

ゆれるゆれる
西川 美和


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この映画のあと、新宿武蔵野館を出たあたりで、久しぶりにタイガー(新宿のタイガーマスク)に会いました。夕方だったので新聞配達中。衣装が暑そうなのだけれど、本人は涼しい顔(といっても顔は見えないのですが)で働いていました。衣装の洗い替えは何着かあるのかな...などといろいろと憶測しながら帰路につきました。

こちらは新宿のタイガー様の目撃情報掲示板。近々テレビ出演もあるらしいです。
Yahoo!掲示板 - 新宿区 - 新宿タイガーマスクを捕獲せよ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年8月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都行き2006:ガケ書房」です。

次のブログ記事は「発火バッテリーでPowerBookなどもリコールへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。