楽しみにしていたokatakeの日記が終了...

| コメント(0)

私の古本の心の師匠、岡崎武志氏のはてなダイアリー「okatakeの日記」。毎日楽しみに読んでいたのですが、本日突然終了のご挨拶が...。ちょっとショックです。

okatakeの日記:さよならみなさん

古本界のできごとは、初心者の私にはいろいろと勉強になりました。ありがとうございます。そしてご苦労さまでした。これからも応援しております。

自分でブログをやっていると、SPAMコメントやトラックバックはまだ良いほうで、コメントへの対応に困ることもあります。そして続けていくということそのものも本当に大変で、いつもたいしたことは書いていないのだけれど、それでもネタに苦しむこともあり、時にはそれが苦行に感じることもあります。

いつかはこのブログの潮時を考える時がくるでしょう。その時はカッコイイ幕引きはできそうにないし、突然プッツリ終わってしまうのかなぁ...などと考えつつ、私はもう少し続けて行こうと思っています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年11月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「また古書店で坂道本を見つける」です。

次のブログ記事は「訃報:Gerald Levert...40歳だったそうです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。