村井弦斎「酒道楽」

| コメント(0)


酒道楽
酒道楽
posted with 簡単リンクくん at 2006.12.17
村井 弦斎作
岩波書店 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。

12月15日発売だった村井弦斎の「酒道楽」。「食道楽」が面白かったので、発売前にamazonに注文していました。他の取り寄せモノと一緒でしたので、発売日に届かなくても...と思っていたのですが、昨日amazonからメールが入り、入荷までなんと1ヶ月かかるとのこと。新刊なのにどういうこと?

新刊の本に1ヶ月も待つのはバカバカしいので、まずはamazonでキャンセル。bk1には在庫があることを確認しつつ、下北沢に買い物がてら、まずは北口ピーコック3階の三省堂へ。ここには...ありませんでした。もともと岩波文庫はかなり奥の奥に棚があって品揃えも貧弱。続いて北口商店街の博文堂へ。三省堂の棚とどっこいの量で、ダメかな...と思っていたら、棚に並べようとしてそのまま放置されていたのか、少し離れた平積みの本の上に岩波現代文庫などと一緒に重なっているところを発見。奇跡的に発掘です。いつも思うのですが、下北沢は街の規模に比べて本屋事情が悪いように思います。三省堂が出来てもあまりうれしくないのはどうしてでしょう?

さて本題のこの本、酒飲みのための本ではありますが、実は「禁酒本」なのです。巻末の解説によると「教訓小説」という言い方もあるらしいですね。この忘年会シーズンに最もそぐわない1冊です。他にも「釣道楽」などもあるらしいので、今後の刊行に期待しています。

一緒に買った本。

チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
海堂 尊

宝島社 2006-01
売り上げランキング : 604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グレート・ギャツビーグレート・ギャツビー
スコット フィッツジェラルド Francis Scott Fitzgerald 村上 春樹

中央公論新社 2006-11
売り上げランキング : 34

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年12月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリスピー・クリーム・ドーナツも食べてみたいな」です。

次のブログ記事は「「りんごの木の村で―チャルカが旅したチェコのガラスボタン物語」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。