喜久水庵の喜久福

| コメント(0)

Kikufuku1仙台発の話題の手土産、喜久水庵の「喜久福」を、年末に妹が買ってきてくれました。あんまりおいしかったので、自分でも手土産に購入。

何しろ日もちがしないので、店頭で購入すると「即冷蔵」。お土産用の化粧箱入りにもこの即冷蔵シールが貼られます。保冷財を入れてもらっても持ち歩き時間は「2時間」。東京までだったらなんとかセーフというところですが、夏場の持ち歩きは厳しいかもしれませんな。

Kikufuku2-1Kikufuku3
自宅に帰り着いて「即冷蔵」。適度に冷えたところで食します。いやぁ縲怩ィいしい。大福としては少し小振ですが、生クリームとずんだの相性が絶妙であります。小振りなので、一度に2つ3つはイケそう。餡がどんな具合なのかは、私がかじった跡をご紹介するのもなんですので、喜久水庵のサイトでご確認下さいませ。(ちなみにサイトの写真は実際の餅より大きく見えます。)

ずんだと抹茶の2種類を食べました。両方おいしいのですが「ずんだ」が特にオススメ。購入の列に私の前に並んでいた東京の人らしき人は、ずんだを避けて買っていましたが、それは非常にもったいないことをしてますよ縲怐B

もともと私は「ずんだ」大好き。おだんごに「あんこ・みたらし・ずんだ」の3色(宮城県地方では定番)が入っている時は、真っ先にずんだを選択します。最近はずんだを使った土産菓子も増え、ずんだも全国区になってきましたが、ずんだをご存知ない方はこちら...

ずんだ - Wikipedia

最近は、東京でもずんだ餡の大福を時々見かけるので、大福&ずんだ好きの私はその度に買って食べておりますが、やっぱりこれが一番美味しいと思いました。仙台駅1階(新幹線乗り場直下)の土産物売り場でも販売中なので、ささっと途中下車して買えます。

この喜久水庵の喜久福。ネットでの「おとりよせ」の場合は、冷凍されたものが届くようです。ご自宅で解凍してお召し上がりください。

喜久福抹茶・ずんだ 2種詰合せ[各5個入り]

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年1月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あけましておめでとうございます縲鰀2007」です。

次のブログ記事は「AppleStoreの福袋ウォッチ 2007」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。