Mac用ワンセグチューナー「ON TIME TV」買いました

| コメント(0)

On Time TVのパッケージMacでラジオを聞くためにRadio SHARK 2を買ったばかりですが、今度はMacでTVに挑戦です。

いつ壊れるかわからない1台しかないわが家のテレビ、そしてテレビは1台しかないのにチャンネル権が無いことへの対応策として、ワンセグチューナー「onTime TV for Mac」を買いました。見つけたら買おうと心に決めて、渋谷のビックカメラに立ち寄ったところ、狭いMac周辺機器のショーケースコーナーで発見です。

Ontimetvinパッケージの中身は、本体とCD-ROM、そして簡単なマニュアルのみ。

OntimetvsetさっそくUSBの差し込み口のフタを外してMacBook Proにセットしてみました。小さいアンテナが折りたたみで本体に収納されていますので、アンテナは目一杯引き出し、とにかく窓辺に近いところに設置。そして付属のCD-ROMから専用アプリケーションをインストールします。

Ottchannelすると「onTime TV for Mac」というアプリケーションがインストールされますので、まずはこちらを起動。いきなりチャンネルのスキャンが始まってしばし待たされます。東京地方の7局を感知。

Ottupdateしかしチャンネルスキャン直後にアップデートのお知らせが...。はやる心を抑えて、まずはアップデートをダウンロード。ダウンロード後にもう一度インストールするところからやり直しです。

Ottviesチャンネルスキャンが終わった後、右側のドロワからチャンネルを選択してダブルクリックすると、無事ワンセグの映像が映りました。これがワンセグの特性なのか、チャンネルの切り替えはテレビのようにチャカチャカとは行かず、切り替えるたびに読み込み時間がかかるので少々待たされます。また、解像度は低いので、2倍サイズでもかなり荒く見えます。まさにチョイ見用ですね。

わが家の状況では、窓辺に向かってアンテナを向け、アンテナは常時2本から3本立っている状況でまあまあの感度。特に映像が途切れるようなことはありませんでした。さすが木造建築です。

本日は取りあえず番組を見るところまで。これからあれこれ試してみます。

 IMJ ON TIME TV for Mac@楽天

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年3月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダニエル・オスト「華やかなる花の小宇宙」展」です。

次のブログ記事は「最近の気になるNews Clip」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。