アントニー・ワイルド「コーヒーの真実」

| コメント(0)
4826990413コーヒーの真実―世界中を虜にした嗜好品の歴史と現在
アントニー・ワイルド 三角 和代
白揚社 2007-04

by G-Tools
朝日新聞の酒井啓子さんの書評を読んで買ったものですが、読み終わるのに1ヶ月かかってしまいました。コーヒーの「暗黒の歴史」について書かれた本であります。少し大きめサイズの単行本なので、いつも寝る前に読んでいたのですが、数ページ読むとすぐに眠くなるのです。コーヒーの本なのですが、カフェイン効果というよりは催眠効果の方が高かったかも。

コーヒー文化の起源は結局よくわからないことが、この本前半を眠たくしていたように思うのですが、お茶文化との関係、奴隷制・植民地・プランテーションと深く関わる生産の歴史、中南米のコーヒー生産国とアメリカの影(ああ、「キューバ」に続いてここでもか...)、そしてベトナムのコーヒー(ここで再びアメリカの影響が...)について...など、興味深い部分もたくさんありました。そして...全体に文章(日本語=翻訳)が少々難解だったかもしれません。

東京のコーヒー1杯の価格はロンドンの2倍。この本の中で、ロンドンのカフェでは、消費者はコーヒー生産者が受け取る150倍の金額を払っていると書かれていますから、東京の場合は300倍払っているということになります。スタバのラテ1杯とすると1円ちょっとということですね。現在でもかなりの低賃金で働いている労働者によって収穫されているコーヒー。もともと紅茶派で、実はコーヒーはあまり飲まないのですが、読後は1杯のコーヒーに対する心構えが違ってきました。

びっくりコーヒー
びっくりコーヒー
平田
売り上げランキング : 8857


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年7月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フィデル・カストロの映画「コマンダンテ」」です。

次のブログ記事は「新しいiMacが登場したら...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。