Special Eventまであと1週間、カバーフローがポイントか?!

| コメント(0)

iPod関連の発表とされている9月5日のスペシャルイベントの招待状は、iTunesでアルバムのカバーをパラパラとめくって眺めることの出来るCoverFlowのデザインだそうです。

アップル「スペシャルイベント」は9月5日、招待状はカバーフロー - Engadget Japanese
AppleInsider | Apple confirms "Special Event" on September 5th

招待状には「The beat goes on.」とプリントされているようですね。まだまだiPodはいきますゾ...という意気込みが感じられます。

CoverFlowが全面に出てきているということは、Mac OS XベースのiPodという線はかなり固くなってきたように思います。日本では実質iPhoneは当分お預けになりそうな状況ですから、ここでiPhoneライクなiPodに登場してもらって、一足先にそのインターフェースを気軽に体験したいところ。無線LAN内蔵で、Webブラウズやメールぐらいできるといいなぁ...。iPhoneのような外観だったら尚可。今のVideo iPodはすでに60G中残量はあと15G。容量が心配でビデオデータはセーブしているので、次は最低でも80Gモデルかな...とすでに頭の中はお買い物モード突入です。いつもなら新機軸なモデルは不安もあるのですが、iPhoneである程度実績があるということで、全くの新機軸ではないところも期待しています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年8月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Lmagazine2007年 10月号「書店カルチャー!?」」です。

次のブログ記事は「新しいiPodを買うならTriple.fi 10 Proを試してみたい...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。