井の頭池観察記(2)

| コメント(4)

エサをキャッチしたゴイサギやっと涼しくなってきました。しかし公園内のセミ音量は相変わらずです。

昨日はゴイサギが池でハンティングする瞬間を見たのですが、残念ながら撮影はできず。これはキャッチ直後の様子です。

捕らえた魚をなかなか飲み込まないので、魚が大き過ぎたのか?池では水がよどんで水中が見えないということもあり、私は大きなコイしか見たことがなかったのですが、あのようなエササイズの魚もちゃんといたのですね。いったいなんの魚でしょう?よくわかりませんでした。ちなみにゴイサギは現在2羽いるようです。

話がそれますが、本日11時からほぼ日手帳2008の発売です。毎年どうしようか迷うのですが、今年こそ挑戦してみようかな...。

コメント(4)

ツꀀいやー、キャッチ直後とはいえ、こんなタイミング良く写真をとれたのも運が良いですね。

こうなると、高倍率ズームが欲しくなりますね。デジイチ欲しい虫が再びわいてきそうです。

ゴイサギの捕獲シーンに出会えるなんて・・・
うらやましい。ゴイサギの赤い目は夜でもよく見えるそうです。高倍率ズームはバードウォッチャーの憧れです。

ツꀀ>てらむら さん

いつも木にとまってぼーっとしているゴイサギを見慣れていたのですが、獲物を狙って「細く」なっている姿を発見。あわててカメラを出しているうちに、バシャっとダイビングしてしまいました。あっという間です。

もう少し池の水がキレイになると、このようなシーンもたくさん見られるのでは...と、今後の井の頭池をきれいにする活動に期待しています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年9月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マルマンのスケッチブック50周年」です。

次のブログ記事は「岩波文庫「きけわだつみのこえ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。