井の頭池観察記(3)

| コメント(0)

カルガモとコサギ先週は東京にも台風来週。悪天候が続いたのでネタがないかもしれない...と心配していたのですが、週末は夏に戻ったような陽気になりました。

いつもカルガモ達がエサを漁っている神田川の始まりの浅瀬で、ひときわ白く目立つコサギ発見。汚い池の中も、よくよく見ると小魚が泳いでいるのですが、聞くところによると大半がブルーギルの稚魚だとか。外来魚で困った存在ではあるのだけれど、貴重な鳥達の栄養源ともなっているようです。

しかし...この日一番の発見はこの後でした。でも...撮影はできなかったのです!

弁天橋池の北側の弁天橋を遠くから見ていたら、木製の橋の手すりの上に青みがかった小さな物体が2つ並んで見えました。ゴミ?空き缶かな?と思って目を凝らすと、なんだか動いているような気がします。ん?スズメぐらいの大きさだけど...と思って橋に近づくと、その青みがかった2つの物体は左右にパァ縲怩チと分かれて飛んで行ってしまいました。う縲怩゙...あれは確かにカワセミでした。ペアだったのかなぁ。

冬には何度も見かけたことがあるのですが、春以降はすっかりご無沙汰していました。しかも、1羽しかいないと思っていたのですが、2羽もいたとはびっくりです。あのカワセミをGX100で撮影するのは至難の業になりそうですが、なんとかトライしてみたいものです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年9月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結局iPod shuffle Blueにしました」です。

次のブログ記事は「映画:マイケル・ムーア「シッコ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。