映画:マイケル・ムーア「シッコ」

| コメント(0)

マイケル・ムーアの新作映画「シッコ」を見に行きました。ちなみに「ボーリング・フォー・コロンバイン」は見たけれど、前作「華氏911」は見ておりません。新宿バルト9にて。このシネコンにしては、見に来ている人たちの年齢層が高かったように思います。

映画『シッコ SiCKO』公式サイト

マイケル・ムーア監督自身が、がおなじみの突撃取材でアメリカの医療制度の驚くべき実情を紹介してくれます。

アメリカでは、民間の保険に入っていないと大変だというのは知っていましたが、ここまで業界よりの制度だとは知りませんでした。どんなことが起きているのかは...ぜひ実際に映画をごらんくださいませ。

映画の中で紹介されているカナダ・フランス・イギリスの国民皆保険制度。こうした国々では皆が無料で医療が受けられる...ということも知りませんでした。当然高い税金を払うことにもなるわけですが、税金が高くても、それなりに理由があれば納得できますし、正直うらやましいと思いました。

最後には、アメリカで満足な医療が受けられなかった人たちが、キューバ向かいます。キューバはもちろん誰でも無料で治療が受けられますし、薬も格段に安い!医療のレベルも高いそうです。監督と共にキューバを訪れたアメリカの「医療難民」達が、涙を流しながらキューバ医療を「無料で」受けているシーンがこの映画の山場となっています。(このあたりでチェ・ゲバラの娘さんもチラっと出演)

そういえば、先日観たフィデロ・カストロの映画「コマンダンテ」の中でも、ドクターになるための学校を訪問するシーンがあります。授業料はもちろん無料。しかも様々な国々(アメリカから来た学生もいました)から広く生徒が集まってきていました。そういうところは、密かに「フィデロは偉いなぁ」と思っていたことの1つ。

そしてやはりアメリカはとんでもない国ですね。日本もかろうじてアメリカよりはマシな医療保険制度はあるのだけれど、近年は保険料は上がるし個人負担の割り合いも増えていく一方。今まで無料だった老人医療費もどんどん負担が大きくなっています。米国の圧力で医療保険も外資に開放され、アメリカ系の保険会社が毎日医療保険のCMを流しています。日本の医療保険制度がこれ以上アメリカナイズされないように祈るばかりです。

B00067I7IYマイケル・ムーア ツインパック 「華氏 911」×「ボーリング・フォー・コロバイン」 (初回限定生産)
ドキュメンタリー映画 マイケル・ムーア
ジェネオン エンタテインメント 2004-11-12

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年9月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井の頭池観察記(3)」です。

次のブログ記事は「くみこさんにCDラジオ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。