今更ですが...山岸涼子「テレプシコーラ」

| コメント(0)
484011661X舞姫(テレプシコーラ) 10 (10)
山岸 凉子
メディアファクトリー 2007-01-23

by G-Tools
山岸涼子日出処の天子は、連載当時に夢中になっておりました。

この「テレプシコーラ」。話題になっているのは知っていて、第1部の衝撃のラストも噂では聞いていて、手塚治虫文化賞を受賞したのも知っていたのですが、「バレエ」というところで抵抗感があり、なかなか手を出さずにいました。

最近古本屋さんで、1縲怩S巻まとめて800円だったのを見つけて読み始めると、先を読まずにはいられなくなり、5・6巻は新刊で購入。小さな書店では新刊もなかなか置いていないということもあり、何軒かブックオフを見て回ったのですが見つかりません。

あそこだったらあるかも...と思ったのが、豪徳寺のブックオフ。行ってみたらちゃんとありました縲怐Bこのブックオフ、それほど大きくないのだけれど、なぜかちょっと他店と毛色が違うので好きなのです。7縲鰀10巻(@350円)をまとめて買って一気に読みました。

個人的には本当にバレエは全く興味がなく、過去の山岸作品「アラベスク」も読んでいませんが、それでも最近の日本のバレエ業界事情を見せてくれながら、ドラマそのものもしっかり読ませてくれます。不思議とバレエにも興味が出てきますね。そしてなぜかちょっぴり怖い山岸作品。久々に堪能させていただきました。第2部の再開がとても楽しみ。このまま終わらないでもらいたいですねぇ。

話しの中で、主人公の六花のあがり症解消のため、いろんな人がアドバイスをくれるのですが、自分が緊張したシーンにも応用できそうです。そういう意味でもタメになりました。

ツマグロヒョウモン(2)こちらは豪徳寺のブックオフへ行く途中の緑道で出会ったツマグロヒョウモン。一心不乱に蜜を吸っておりました。私も撮影中かなり蚊に血を吸われてしまいましたが...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年9月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「液晶テレビAQUOS LC-32D10届く。」です。

次のブログ記事は「iPod touch...Windows環境でトラブル発生だそうで」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。