井の頭池観察記(10)

| コメント(0)

今日もオオバンは独り11月ももう半分過ぎてしまいました。ここ2縲怩R日でめっきり寒くなり、公園内の木々も色づき始めております。

情報としては古いのですが、11月に入ってすぐに、見慣れない水鳥1羽発見。あとで調べたらオオバン(また1つ名前を覚えました。)でした。

オオバンとホシハジロ七井橋の上から眺めていると、エサ欲しさに寄ってきて、じ縲怩チとこちらを見上げます。flickrで大きな写真で見てもらうとわかりますが、目が赤いんですね。

ワサワサ エサだエサだエサまきする人がいるポイントでは、いつもこんな感じで大混雑。

雨模様でも、雨の日は誰もいないので、岸に上がって休んでいるようです。オナガガモのオスもすっかりオスらしくなっています。

カイツブリ私としてはやはりカイツブリが一番のお気に入り。かってにツブちゃんと名付けております。小さくていつもチョコチョコしているので、なかなか上手に撮影できないのが悩み。しかもカメラを構えると得意の潜りで水面下に消えてしまい、全然別のところから浮上。神出鬼没であります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年11月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ファイルメーカーから「bento」=「弁当」」です。

次のブログ記事は「井の頭池観察記(11)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。