神保町での買い物...文弥本など

| コメント(0)

ひそひそばなし前回の信山社の後は、もちろん古本屋めぐり。

一番の収穫はまたしても文弥本。岡本文弥「ひそひそばなし」三月書房。限定小型本150部のうちの63番本。小宮山書房にて。

ひそひそばなし 扉表紙は布貼りで、共布のしおりつき。この扉の「こころに花咲かせ ぶんや」という文字は、直筆だとおもいます。この本もとてもうれしい1冊でした。

その他には
ブンケンロックサイドで 吉屋信子「私の見た人」朝日新聞社 105円
三茶書房で「大東京繁盛記 下」復刻限定版 500円
...などを購入。大東京繁盛記は、昭和2年に大震災後の東京を作家に描いてもらうという東京日日新聞の連載をまとめたもの...の復刻版で下町編。復刻版とはいえ、かなり年季の入った本でした。いつか上巻の山の手編にも出会いたいものです。

図書館で調べものをするつもりが、帰り道は荷物が本でずっしりと重たくなってしまいましたの巻でございました。

462051036X大東京繁昌記 (毎日メモリアル図書館)
高浜 虚子 芥川 龍之介 加能 作次郎
毎日新聞社 1999-05

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年1月31日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「銀座並木座ウィークリー 復刻版」」です。

次のブログ記事は「原田泳幸「ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。