映画「ノーカントリー」

| コメント(0)

コマ劇場に集まるおばさまたちを横目に、新宿の歌舞伎町でコーエン兄弟監督脚本の「ノーカントリー」を見てきました。アカデミー賞の作品賞、監督賞、助演男優賞、脚色賞をとったのに、都内での上映館が少なめです。客層は中高年の男性多し。

公式サイト ::: ノーカントリー :::

映画の宣伝としては、殺し屋シガーがハンニバル・レクター以来の怖いキャラクターというところにスポットをあてているようですが、怖い映画というには語弊があるように思いました。映画の中では、BGMに音楽は一切流れず、静けさの中で恐怖が効果的に表現されていましたし、殺し屋が次々と人を殺していくので、スリルがあると言えばあるのですが、ストーリーとしては難しくないのに、ちょっとしたところが難解。ところどころで登場人物が難しいことを言うのです。なんだかんだ言っても、助演男優賞受賞のハビエル・バルデム扮する殺し屋シガーのキャラが際立っていましたが、彼に次々と殺されてしまう人たちの死への恐怖感も、それぞれの形で表現されていたように思います。

私は見終わって、う縲怩A良くわからなかった...というのが正直なところだったのですが、同行者は感動したようで、100点万点だったそうです。映画全体としての人間の描き方が良かったのだとか。私はそこまで感じきれなかったということですね。

買ってきたプログラムによると、コーエン兄弟は原作に忠実に作ったらしいので、原作本で復習してみたほうがいいかもしれません。

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー マ 27-1)血と暴力の国 (扶桑社ミステリー マ 27-1)
コーマック・マッカーシー 黒原 敏行


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コーエン兄弟の作品で、ノーカントリー同様に保安官が活躍(?)するのはこちら。

ファーゴ (ベストヒット・セレクション)ファーゴ (ベストヒット・セレクション)
フランシス・マクドーマンド ジョエル・コーエン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年4月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Rainy Days And Mondays(井の頭池観察記22)」です。

次のブログ記事は「いよいよ明日5日からNHK BSで黒澤明特集!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。