北京オリンピック:射撃競技に手に汗握りました

| コメント(2)

昨日はオリンピック射撃女子トラップ決勝の様子も最初から最後までLIVEでTV観戦。初めて見る競技ではありましたが、すっかり見入ってしまいました。

淡々と交代で1発ずつクレーを撃つだけなのだけれど、その緊張感は画面を通してもヒシヒシと伝わってきました。見ているほうも、6人がひたすら撃っている間は本当に目が離せません。最後の銅メダルをかけた順位決定のシーンは、各選手の一発一発が本当に手に汗握る展開。最終的に中山選手は本当に残念でしたが、あんな大柄で腕っ節の強そうなヨーロッパの選手に混じってよく頑張ったと思います。お疲れさまでした。

意外と水泳や柔道の予選が延々と流れているのも退屈に感じることもあります。マイナー競技と言ってしまうと失礼かもしれませんが、意外な面白さのある競技もありそうなので、録画ではなく是非生でたくさんの競技をみせてもらいたいです。

コメント(2)

ツꀀTVの放映権とかに縛られない部分とかでネットの仕組みでどんどん共有できるといいですね。

確かに、生中継でなくても良いですから、ネットで好きな競技が見られるといいですねぇ。特にマイナー競技...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年8月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんだかんだ言っても北京オリンピック見てます」です。

次のブログ記事は「App Store 6000万ダウンロード&iPhoneグッズ売り上げ好調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。