平野 啓一郎「決壊」

| コメント(0)
410426007X決壊 上巻
平野 啓一郎
新潮社 2008-06-26

by G-Tools
私には珍しく、小説雑誌「新潮」で連載中に読んでいま した。本当は高村薫の小説目当てで買っていたのですが、その「太陽を曳く馬」という小説が、かなり宗教的でなおかつ難解。結局あとから連載が始まった「決壊」のほうが面白くなってきて、次回を心待ちにしながら毎月読んでい ました。

単行本として出版された当初は、一度読んだので買わないつもりだったのですが、ちらっと立ち読みしたのが運の尽き。結局もう一度通しで読んでみたくなりました。いわゆる本の小口が黒く、ちょっと目を引く上下2巻。手に汗握って読んでいるとその黒さで手が汚れてしまうと言うシカケだそうです。

連載中は、確かに毎回手に汗握る展開でした。無差別殺人・いじめ・引きこもり・携帯電話・ネット(それも2ch的)文化・マスコミの犯罪報道・犯罪被害者の苦悩...など、今の時代を象徴するような要素が、これでもかというほどたくさん出てきます。

その内容は、一見猟奇犯罪モノかとも思われがちですが、実際は「家族」の話でもあるのかな...と思いました。兄弟・夫婦・親子...などなど、その家族の間でも、簡単には言い表せないような微妙な人間関係や心理を描いていて、実際はいくつもの殺人などのショッキングな出来事そのものよりも、その心理描写と各自の心の動きに手に汗を握っていたように思います。

単純にいえば、主人公(主人公だったのかと、後半やっと気づかされます)沢野崇が決壊していく話なのか...ということになりますが、この後味はそれだけではない何かがあって、今までにない読後感でした。書評は苦手なので、うまく表現できないことがもどかしく感じるぐらいです。

先日週間ブックレビューのゲストに出ていた平野氏を拝見しましたが、ラストはハッピーエンドにすることもできた...とおっしゃっていました。できればそうしてもらいたかったな...と思いつつ、やはり心に何かひっかかったまま、そして「決壊」の意味を何度も頭の中で反すうしつつ2度目を読み終えました。

参考:平野啓一郎公式ブログ

4104260088決壊 下巻
平野 啓一郎
新潮社 2008-06-26

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年9月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone:自宅でバリ5になりました縲鰀」です。

次のブログ記事は「iPhone:suonoのtocca iPhone 使ってみました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。