子規365日

| コメント(0)
402273227X子規365日 (朝日新書 127)
夏井 いつき
朝日新聞出版 2008-08-08

by G-Tools
昨夜は頭痛でブログも更新せずに寝てしまいました。このところの寒さで風邪気味なのかも。頭痛持ちなので、頭痛が起きるとパソコンなんて画面を見るのもいやになります。偏頭痛というよりは緊張性頭痛というやつのようで、肩凝りとセットになるんですよね...。

1日お休みしているうちにもう11月。今月の子規の一句は、ハイカラで食いしん坊だった子規らしい一句を選んでみました。最近バナナ...本当にスーパーではいつも売り切れてますね。

今回は「子規365日」という本の中から選びました。子規の俳句が1日1句、簡単な解説と共に紹介されています。とても読みやすいので、子規入門にはぴったりだと思います。明治のヒト、子規の茶目っ気がチラチラと出てくるところに、彼の俳句の魅力を感じています。

「病牀六尺」はかなり前によんだきり。また読み返したいとも思うのですが、なかなかできません。病床にあって(多少泣き言も入るけれど)なにか強いエネルギーを持って生きている...という子規の姿が浮かんできます。明治の文章で仮名遣いが古いのですが、子規の随筆は意外とスラスラ読めますよ。

4003101324病牀六尺 (岩波文庫)
正岡 子規
岩波書店 1984-07

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年11月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソフトバンクからのiPhone向け新サービス発表」です。

次のブログ記事は「映画「アイアンマン」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。