井の頭池観察記(28)オオバンとバン

| コメント(0)

RIMG0037.JPGすっかり風邪をひきました。かかりつけの病院に行ったところ、風邪をひいた方々で大混雑。先生は、私も朝からがんばって働いているんですが...といいながら、患者を次々とさばいていらっしゃいました。今朝はまだまだノドが痛いです...。

10月の最終週は今シーズン初めてオオバンを見かけました。キンクロハジロに混じって、1羽だけヒョコヒョコと泳いでいます。昨年も1人、今年も1人...ちょっとかわいそうだなぁ...と思います。

RIMG0067.JPG今の時点ではキンクロたちと同じ体格ですが、今シーズンも人間達のえさやりで、丸々と太ってしまうのでしょうか...。現時点では、カラスのおじさんやホームレスのおじさん(どちらもいつもお茶の水近くにいらっしゃる方)以外では、目立ってパンくずをまく人は見かけていません。水鳥たちが少なくなるのはさみしいですが、井の頭池のためにはえさやりはやめてもらいたいところです。

RIMG0085.JPG他の鳥たちと離れたところには、普通のバンもいます。彼らは1年中池にいるのですが、隠れるように暮らしているせいか、カイツブリのツブちゃんたちに比べると、目立たない存在のように思います。そういえば、最近ツブちゃんいないなぁ。

フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂版
フィールドガイド日本の野鳥 増補改訂版高野 伸二

おすすめ平均
stars丈夫な作り、大切なパートナー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年11月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「QUARTER POUNDER でハンバーガーを食べる」です。

次のブログ記事は「戸塚教授の「科学入門」 E=mc2 は美しい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。