井の頭池観察記(35)カイツブリのヒナ

| コメント(0)

カイツブリのヒナ井の頭池の七井橋のたもとにある葦(?)のあたりには、最近カイツブリのペアとそのヒナがいます。

今朝は雨と強風。こんな悪天候だしどこかに避難しているのかなぁ...と池の逆側の狛江橋を渡っていたら、ピヨピヨ鳴き声が聞こえます。寒い雨の中、お母さん(おそらく...)にくっついて泳いでいました。ヒナはチョコチョコ泳いでいてカワイイ!

カイツブリのヒナお母さんに比べる尾t、ヒナはフワフワしています。でも、ただでさえ小さいカイツブリ、ヒナはさらに小さくて、うまく撮影できませんでした。コンデジの7倍ズームではやはり限界を感じます。


RIMG0011年が明けてから、オシドリが枝で休んでいるところに出会うようになりました。天気の悪い日の方が、散歩をしている人が少ないので、比較的近寄りやすいところにいるような気がします。


RIMG0040こちらはサンシュユの花。公園内では他にも
コブシの白い花が咲き始め、いよいよ春の到来といったところ。あと半月もすると喧騒の花見時期が来るのかと思うと、今の静けさが信じられないぐらいです。


そうそう、今日はリコーの新しいコンパクトデジカメ「CX1」の発売日。井の頭池での写真はほとんどリコーR10で撮影しておりまして、満足はしているのですが、やはり新機種もちょっぴり気になります...。


最大12EV相当のダイナミックレンジを実現した、光学7.1倍ワイドズームデジタルカメラ リコー CX1

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年3月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone OS 3.0のスペシャルイベントは現地3月17日に!」です。

次のブログ記事は「小谷野敦『里見弴伝―「馬鹿正直」の人生」』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。