井の頭池観察記(38)巣立ち?

| コメント(0)

RIMG0018ソメイヨシノのシーズンが終わり、井の頭池周辺は撮影あっという間に緑が濃くなってきました。

RIMG0006お花見シーズンになって見かけなくなっていたカイツブリの親子。先週やっと久しぶりに親子を見かけほっとしていたのですが、数日後に見かけた時は、親子がかなり離れて泳いでいたと思ったら、今日はひながポツンと1羽で泳いでいました。近くに親鳥も見当たらないので、独り立ちしたのでしょうか。そのわりには、小さいヒナの時と同じようにピイピイ鳴いています。

カイツブリのひな今回はかなり近づいて撮影できたのはうれしいのですが、こうやって人間に平気で寄ってくるところをみると、人に餌をもらっているのかな...という気もします。本来小魚を食べるカイツブリに、スナック菓子やらパンなどを食べさせたら、メタボになって寿命が縮まってしまうのでは...と心配です。

ギンメッキゴミグモ水鳥達がめっきり減って、これからはムシの季節!一昨日の天気の良い日曜日には、ツマキチョウも見かけました。昨日のカントウタンポポ同様、今の時期にしか見られないチョウです。デジカメで取れなかったのが残念!

かわりにギンメッキゴミグモでの写真で勘弁してください。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年4月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カントウタンポポ」です。

次のブログ記事は「「アップル、まもなく第2四半期決算を発表」とオラクルのサン買収」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。