井の頭池観察記(42)最近の顔ぶれ

| コメント(0)

RIMG0083お盆も終わり、季節としては夏も終盤に突入。朝晩はだいぶ涼しくなりました。今年は夏の前半に雨が多く、雨でなくても曇りの日だったりしたので、ものすごく暑い!という日が少ないですね。過ごしやすいですが野菜などが値上がりしていて困ります。

夏場に井の頭池の周りを歩くときは、とにかくムシがいないか、目線をさげてキョロキョロして歩いています。

RIMG0092こちらはナナフシ。足先からおしりまで10cm近くあってそれなりに立派なサイズでした。こんなのを見つけると、おぉっ!とうれしくなります。

RIMG0070チョウはなかなか撮れません。林の中では飛んで通り抜けるだけだからでしょうか。飛んでいる蝶を撮るにはコンパクトデジカメでは少々厳しい。近寄って撮れるのはシジミチョウぐらいです。

RIMG0038こちらは夏の常連コガネムシ。彼らがよく集まる茂みもわかってきました。緑のコガネムシのなる木みたいだなぁ...と思いながらいつも眺めています。

もっと小さなコガネムシ系のムシも撮ろうとはしているのですが、小さくて上手に撮れないでいます。

RIMG0055夏の池はカルガモ天国ですが、オシドリも実はいます。羽が生え替わって地味なスタイルになってわかりにくいのですが、カルガモと違ってオドオドしているので、その様子で遠くからでもわかります。

といった写真を含む井の頭アルバム第42弾はこちら...
井の頭池観察記(42)最近の顔ぶれ - a set on Flickr

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年8月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古本に入っていた古い年賀はがき」です。

次のブログ記事は「ほぼ日乗組員が紹介する、ほぼ日手帳2010」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。