国会図書館が書籍を電子化配信開始へ

| コメント(0)

書籍のデジタル化、そしてそのデータを多くの人が利用できるようになることに、作家などからは反対の向きもありますが、利用者としては賛成です。特に著作権法上の権利が切れた古い書籍については、早急にこの作業をすすめておくべきです。

古書展などで古い文献を探すにも限界がありますし、国会図書館に直接出向くことのできる人も限られていますので、有料でもこのサービスを利用したいと思っている人は多いはずです。

私も、曾祖父の短歌が発刊当初の「アララギ」にいくつか掲載されており、なんとか一度実物を見てみたいと思っているのですが、なかなかその機会がありません。デジタルデータでも良いのでそれが読めるようになればと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年8月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコー「CX2」のカラートップパネルが交換サービス」です。

次のブログ記事は「いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。