井の頭池観察記(43)

| コメント(0)

RIMG0067いつの間にか朝晩は上着がないと寒いぐらいの陽気になってきました。もうお彼岸ですね。夏の名残のセミはまだ鳴いていますが、公園内も秋めいてきました。

ちょっとネタ切れになってきたので、たまっていた写真をアップ。晩夏の風景といったところですかね。

RIMG0041どうもムシ写真は落ち着いてピントを合わせられず、ほとんどピンぼけの写真ばかりでがっかりします。落ち着いてじっくり時間をとって撮影しないと無理ですね。

RIMG0083このところよくカワセミを見るようになりました。昨日も、ぼんやり井の頭池の橋を渡っていると、私も真横を、何かがヒューっとすごいスピードで通り過ぎていきました。後ろ姿がエメラルドの鳥でしたのでカワセミです。ヒューっと飛んでいく風の勢いまで感じられたので、少し感動しました。

撮影の方はあいかわらず7倍ズームですからこの程度。夏場は見かけなかったカワセミ狙いの望遠レンズおじさんも復活しています。

オシドリの雄(撮影には失敗しました...)の羽もだいぶ色づいてきて、冬鳥シーズンの到来を予感させる初秋です。

井の頭池観察記(43) - a set on Flickr

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年9月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LEICA X1、M9...日本での発表会レポートを読む」です。

次のブログ記事は「鳩山内閣誕生とiPod首位奪還!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。