井の頭池観察記(55)いつものメンツで

| コメント(0)

R0010287東京も、やっとこ暖かくなってきそうです。なかなか暖かくならないためなのか、いつもはお花見の季節が終わるといつの間にかいなくなる水鳥たちなのですが、今年はキンクロハジロがまだ残留しています。

それの水辺の鳥のメンバーは、いつものメンツに戻っております。(この写真はCX3のミニチュアライズモードで撮影)

R0010281延長滞在中のキンクロハジロさんたち。


R0010286カルガモ。

いよいよカルガモ天国。そろそろ子育ての季節です。


R0010293カイブツリ。

春先に見かけたヒナも、すっかり大きくなったようです。珍しく羽ばたいていたり。


R0010269オシドリ。

若いオス同士が威嚇し合っていたり。


R0010300カワセミ。

このところ、立て続けにカワセミがツイーッ(音は出ませんが)と私の横をすり抜けて行くことが何度かありました。ツイーッと水面を滑るように飛んでいく様子はなんとも言えず素敵です。いつか魚を狙うところも見てみたいところですが、もう少し池の水が綺麗にならないとなかなか見られないかもしれません。


CX3で10倍ズームで撮れるようにはなったものの、ズームでの撮影は、日々ブレとの戦いであります。アルバム全体はこちら。

井の頭池観察記(55) - a set on Flickr

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年4月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ステーショナリーマガジン 006」縲恤カ房具が大好き」です。

次のブログ記事は「松屋銀座「ゴーゴーミッフィー展」で大人買い。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。