iPad:まずは基本のアプリから...

| コメント(0)

昨日はiPad体験2日目でしたが、あまり触っている(というよりは触らせてもらっている)時間がありませんでした。だからというわけではありませんが、まだまだ初日の様子をお届けします。

最初に母艦のMacBook Proと同期して、初起動後にまず試してみたのがカレンダーとアドレス帳。忘れそうでしたが、そもそもCLIEのデータを移すことが第1の目的です。

カレンダーはiPhone版とは違い、Mac版に近いかそれ以上の美しい表示です。これは家人にも高評価。今までのCLIEに比べたたら格段の閲覧性の向上(月表示・週表示)ですから。しかし、TVなどでさんざんiBooksなどでページをめくっているシーンを見ているので、カレンダーの日別表示(ダイアリーのような見開き体裁のため...)ではページをめくる動作をしていました。本当は画面下の矢印をタップするのですが、これまた矢印マークが小さくてタップしにくい!今後の改善希望です。

そしてアドレス帳。こちらはMac版のアドレス帳と機能的には変わらないのですが、表示が綺麗なので良さそうに見えます。ま、これは可もなく不可もなくといったところ。これも見た目はページがめくれるようにみえますが、名前の部分を縦スクロールして使います。

そしてiPod機能。これは本人にタップしてもらいながら曲を再生しましたが、想像していたよりも音が良かったので驚きました。私のMacBook Airよりはも良いような気がします。これも高評価。後でiPhone用のリモコン付きイヤフォンを付けてみたところ、ちゃんとリモコン機能も使えました!これだったらバッグにいれたままでiPod的に使えますね。もちろん音楽を聞きながら他のアプリを使うこともできます。画面が広いから曲も選びやすいなぁ。

SafariでのWebブラウスは、評判通り表示が速い!Wi-Fi経由だからということもあるでしょう。我が家は802.11n化されているので本当に快適です。Apple A4チップの威力もあるのでしょうね。時期iPhoneにもこのチップが採用されるとなれば、iPhoneも大幅にスピードアップしそうなので、こちらも楽しみになりました。

R0014485一緒に購入したiPadアクセサリは、Apple iPad Case、Apple iPad Camera Connection Kit、Apple iPad Dock、iPad 10W USB電源アダプタ、そしてBluetoothのワイヤレスキーボードです。

まずはApple iPad DockにiPad 10W USB電源アダプタをつないでTVの前にセットしてあります。ピカピカなので、スリープ状態の時は鏡としても十分使えますよ。これらのアクセサリに付いても追々レポートいたします。

本来ならばスクリーンショットをたくさん掲載したいのですが、なにしろ自分のiPadではないため、どうも画像を自分のMacに転送するのが一苦労です。現在簡単な方法を検討中。レポートが文章ばかりでもどかしいのですがご勘弁下さいませ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年5月30日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPad:取り扱い説明書と初起動」です。

次のブログ記事は「iPad:Apple純正ケースと「ELANFOLIO for iPad」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。