一澤信三郎帆布のバッグも。

| コメント(0)

R0014742京都に行きましたから、これも恒例「一澤信三郎帆布」にも行きました。そして今回もバッグを1つ。

R0014743かつての一澤帆布の時代から、ポツリポツリを買わせていただいているのですが、同じバッグは買わないようにしようと思って選びます。信三郎帆布になってからは、色や柄のバリエーションも増え、迷う要因も増えたため、今回は店内を4周はしました。ものすごく悩んで決めたのがこちら。


R0014744大きそうに見えますが、実は小振りの手提げバッグです。トートではなく蓋付きも欲しいと思っていました。そしてバッグの内側はアトム柄。小さなポケットも4つついています。


R0014746大きさは...iPadとその他イロイロを入れることができます。ちょっとiPadがはみでているように見えますが、フタに余裕があるので、ちゃんとフタも閉まります。ケースに入ったままのiPadでも大丈夫でしょう。


R0014747外側のポケットは小さめで、直上の金具がちょっぴりジャマですが、ちょうどiPhoneが入ります。

実際はiPadは持ち歩きませんが、さっそくお出かけに連れ出しております!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年9月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奈良と京都でふるほん。」です。

次のブログ記事は「iPhone App「東京時層地図」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。