iPhone App「東京時層地図」

| コメント(0)

今回はいつも巡回しているブログ(複数)で知りました。普段は115円であっても有料アプリは躊躇する私ですが、この手のアプリは即決!ファイル容量が600MBということで、うちの回線ではダウンロードに30分かかりました。(またiPhone 3GSの残容量が圧迫されますが、これを機会にiPhoneの中身も整理しようと思います...)

東京の明治以降の6つの時期、9種類の地図を参照できるアプリです。当然Retinaディスプレイ対応だと思ったら、まだなのだそうで、今後のアップデートで対応するのだそうです。iPhone 4だったら地図がもっときれいに見えるのになぁ...と思っていましたが、現時点ではそうでもないわけですね。

本当は江戸時代の地図もあれば完璧だったのですが、正確な地図となると、どうしても明治期以降にならざるを得なかったのでしょうね。現在の地図以外は、いわゆる地図記号の入った普通の地図ですから、地図を読み取るにはそれなりに慣れも必要。Google Mapに慣れてしまうと、地図記号がとても懐かしくも感じます。(安心してください、ちゃんと地図記号の凡例も表示できます。)

しばらくは、この地図で都内をあちこち訪ねて楽しもうと思います。残念ながら井の頭公園周辺ははみ出てしまっています。久我山あたりまででした。しかし...一時期東京の坂道散歩に熱中していた私にとっては、また坂道熱が高まりそうなアプリでした。

私は、iTunes Storeでの買いすぎ防止のため、iTunes Cardで決済することにしているのですが、これで一気に残高が減ってしまったので、セブン-イレブンのnanacoポイントのキャンペーン中に、もう1枚カードを買っておこうと思います。今度は5,000円にするか...。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年9月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一澤信三郎帆布のバッグも。」です。

次のブログ記事は「MacBook Airのモデルチェンジなるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。