井の頭池観察記(59)鴨シーズン到来!

| コメント(0)

R0011859お彼岸後、急激に秋になった東京。井の頭池にも鴨達がやってきました。オナガガモさんたちの集団です。

R0011855いまのところは、オナガガモとハシビロガモだけのようです。

年々飛来数が減ってきている鴨さんたち。私はここ3縲怩S年のことしか知らないのですが、ちょっと前を知る人は、池中に鴨がいるのがあたりまえだった...というので、ずいぶん状況も変わったのですね。


R0011852ふんちゅうにもポツリポツリと出会っています。涼しくなったせいか、死骸や瀕死の方達ばかりですが。ほとんどの場合、道の真ん中に、こんな具合にひっくり返っています。


R0011853ひっくり返して起こしてみたところ。林の中でピカピカしてます。なんとなくもったいないので、死骸もなんとか標本にしようと奮闘中。死骸はちょっと腐敗していたりするのと、体がバラバラになりやすいので、上手に標本にするのは難しいのだそうですが、ダメ元でトライしています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年10月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「毎年恒例*印刷用カレンダー2011」です。

次のブログ記事は「MOLESKINE モレスキン ピーナッツ限定版ノートブック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。