スティーブ・ジョブズ氏、再び療養。

| コメント(2)

昨年は、臓器移植という大きな手術をしたあとにも関わらず、ちょっと頑張りすぎでしたよ。iPadやiPhoneの成功で、アップルが史上最高の好調である今、一線から退くのも良いタイミングだと思うのです。もう名誉会長でもいいんじゃないでしょうか。好きなときに出てくるぐらいで充分だと思います。新製品プレゼン専任役員とか。

いつも都内で出かけるたび、iPhoneを使っている人が多くて本当に驚きます。2008年にiPhoneを初めて手にしたときは、まさかこんなに多くの日本人がiPhoneを使うことになるとは、正直思っていませんでした。欧米では別として、日本では、アップル好き・あたらしもの好きのマニアなユーザー向きかなと。最近はアンドロイド端末を見かけることも増えましたが、それでも今のiPhone状況は感慨深いものがあります。

スマートフォンやタブレット型端末、そして電子書籍への流れなど、全部アップルが起爆剤になっていることは、ファンとしてとても誇らしい気持ちになります。

今後はアンドロイドだ…という流れは止められないとしても、テクノロジーの世界のムーブメントを作り出している会社であることは事実です。役員報酬1ドルなんですから、そのかわりに毎日休暇でもいいですよ、ほんと。ゆっくり休養してください<ジョブズ氏。

コメント(2)

ツꀀそうですね、しっかり休んでいただくことを私も望みます。
自分もAppleというメーカーを、スティーブ・ジョブズの本とかを読むようになってから、周りの人に話してることがあります。
「スティーブ・ジョブズと同じ時間を共有できる時代に生まれてよかった」、と。

>りゅうさん

まさに!
ジョブズがアップルからいなくなった時、そして戻ってきた時
iMac、iPod、iPhone、iPad…
一時はどうなることかと思った株価もどんどん上がり
こんなアップルになるとは思ってもいませんでした。
私も、アップルの激動の時代を共に過ごしてきたのですね。
企業として、これからが正念場!企業としても踏ん張って欲しいです!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年1月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子規本読了。」です。

次のブログ記事は「アップル、過去最高の四半期業績。思わず電卓叩いちゃいました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。