上林暁傑作小説集『星を撒いた街』読了。

| コメント(0)

R0015313吉祥寺の出版社、夏葉社さんの新刊・山本善行編・上林暁傑作小説集『星を撒いた街』が出版されました。いち早く、地元下北沢の古書ビビビさんに納本されたようでしたので、さっそく購入させていただきました。今回も素敵な装丁です!(汚れるともったいないからカバーをかけて本棚にしまおうと思います。)

1晩1話ぐらいのペースでゆっくり読ませていただきました。どの作品も、静かにジワっとなにか沁み出してくるような味わいがありました。7つの短編が入っていますが、私は「和日庵」と、表題の「星を撒いた街」が良かったです。「星を撒いた街」と表現された、かつての東京の街あかりは、いったいどんなだったのだろう…と、想像力をかきたてられました。大好きな「坂」も出てきましたしね。

私、本は好きなのですが、文学にはお恥ずかしいほど疎いのです。本好きの皆さんが推薦して下さる作品を、こうやって手にし、読んで、味わうことができてほんとうにありがたいです。ハイ。

それは本関係のブログやTwitterでの情報も同様で、本好きの皆さんが話題にしている新刊にははずれがありません。そして面白かった作品からまた別の作品につながって…と、最近は以前よりも読書の幅が広がったように思います。

読みたい本はたくさんあるんですけどね、たくさん買ってあるのですが、寝るのも大好きですぐに眠たくなってしまうのが悩みの種です。本当は米原万里さんみたいに、速読で1日7縲怩W冊読めちゃうといいんだけどなぁ。

夏葉社さんの単行本前作を読んだときのお話。
now and then: 関口良雄「昔日の客」読了。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年7月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「チビカマキリ。」です。

次のブログ記事は「大震災:雑誌「世界」生物多様性を生かした地域再生のこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。