いよいよ明日発売!山下達郎「Ray Of Hope」

| コメント(2)
B0052VI2N4Ray Of Hope (初回限定盤)
山下達郎
ワーナーミュージック・ジャパン 2011-08-10

by G-Tools
山下達郎の6年ぶりのニューアルバムが、いよいよ明日発売になります。ちょっと前にamazonに予約したのですが、これで出遅れたかもしれません。現時点でamazonから出荷案内が来ていないとなると、わが家への配送は11日かなぁ…と、歯ぎしりして待っております。

東京FMのSunday Song Bookでの2週間に渡っての全局紹介は聞きましたので、雰囲気はなんとなくわかってはいるのですが…はやくCDで聞きたい縲懌勳

震災直後のSunday Song Bookでは、達郎さんが鎮魂特集ということで、冒頭のメッセージのみで、ノンストップで鎮魂の曲を流してくれました。この日の放送は忘れられず、録音したものを何度も聞きました。そして「希望という名の光」も何度も聞きました。震災直後の混乱した中で、この曲にも励ましてもらいました。今回のアルバムのタイトルも、この「希望という名の光」という曲にちなむものです。「Ray Of Hope」…まさに今の世の中に必要ですよね。

多くの曲が、ドラマや映画の主題歌だったりしますから、聞いたことのある曲が多いのですが、それでもアルバムとしてじっくりと味わいたいと思っております。

うぅ、やっぱり仕事帰りにどこかに買いに行くことにすれば良かったかなぁ。いや、もう今更じたばたせずに待とう…。

コメント(2)

ツꀀわたしもamazon出遅れ組でした(汗
初回限定盤がほしかったので、しょうがないですが...「JOY 1.5」目あてですが。
いま、iPhoneでヘビーローテーション中です(^^) 「希望という名の光」のアカペラVer.を聞くだけで涙があふれてくるのは、達郎さん、“職人”のなせる業ですね。
既発曲が多いですが、CDアルバム通しで聞くと「新しい発見」があります。

>あべっくす さん

私も毎日通勤時はiPhoneで、家ではCDで聞いております!
そうです、そうです、出だしから心にしみますよね…
今回は「俺の空」が特にお気に入りです。
山下家がこんなになってしまったのだろうか…と想像しながら聴いております(笑)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年8月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「岩波書店「世界」9月号」です。

次のブログ記事は「アップルの株、一瞬世界で時価総額一番になる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。