アップルの株、一瞬世界で時価総額一番になる。

| コメント(2)

今日気になったニュースの1つがこちら。アップル株の時価総額が、いっとき世界一になったそうです。アメリカの景気が悪くても、アップルの景気はまだ悪くなってないってことですね。この記事を読むと、この時価総額のデットヒートはしばらく続きそうです。

Apple、いっときExxonを抜いて「世界でももっとも時価総額の高い企業」となる

しかし、こんな世の中が来るとは思いませんでした。株価もジリ貧でSunに買収されそうになった時期もあったっけ。驚きというよりはシミジミしてます。

さて、おかげさまで、amazonからの荷物も本日届き、山下達郎の「Ray Of Hope」も無事入手。すでにシングルなどでリリースされている曲も多いのですが、アルバムを通して聴くのが良いのであります。これからまたじっくり聴きますよ笙ャ

コメント(2)

ツꀀいま世の中に、ベンチャー企業という名前があがりますが、Appleも当時はガレージから始まったベンチャー企業だったんですよね。そうやって考えるとこの時価総額が一瞬でも世界一になったということは、誰が考えたでしょうか。これからのよりいっそうの活躍を期待したいですね。

>りゅうさん

いやいや、今日も首位に返り咲き。総額25兆円ってもうすごい話です。世界一感謝セールでもやってもらいたいですね。ツꀀ

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年8月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いよいよ明日発売!山下達郎「Ray Of Hope」」です。

次のブログ記事は「旅猫雑貨店さんと渋谷大古書市でこけし本。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。