Appleの2011年第4四半期決算報告:MacとiPadが好調だった模様です。

| コメント(0)

おはようございます。今朝はアップルの2011年の第4四半期の決算報告のニュース。MacStoriesのグラフが分かりやすかったので、日本語の記事が出てくるまではこちらでどうぞ。

Apple Q4 2011 Results: $28.27 Billion Revenue, 17.07 Million iPhones, 11.12 Million iPads, 4.89 Million Macs Sold

地道ではありますが、Mac事業が近年になく売り上げ好調だったこと、iPadが前年同期の倍も売れているあたりが印象的でした。iPhoneは新機種発売前にしては健闘したと思います。

意外と言っては失礼ですが、各社いろんなiPad的端末がでてからも、iPadは好調を維持していますね。これはちょっとうれしいな。

iPhone 4Sを出したばかりですから、この売れ行きからすると次の四半期は安泰だと思いますが、ホリデーシーズンを乗り越えた先が正念場でしょう。すでにジョブズ氏が最後のプロジェクトとしてかかわっていたとされるiPhone 5は、来夏登場(しかしこれまでのパターンからすると、ジョブズ氏がいなくても発売は遅れると予想)という噂も飛び交ってますし、まだまだアップルからは目が離せません!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年10月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Instapaperが4.0に…そしてEvernoteを放置しすぎました。」です。

次のブログ記事は「iPhone 4S:auとソフトバンク互角。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。