「スティーブ・ジョブズ I」ひと騒動です。

| コメント(0)
発売日に届くものと思ってamazonで予約していましたが、結局近所の本屋にあったので買いました。その場でiPhoneから出荷準備中だったamazonの予約はキャンセルです。私も踊らされております。ネットで見ていると、amazonの予約をキャンセルする方をチラホラみかけましたから、全体でかなりキャンセルがあったのではないかと想像。bk1のほうがすでに24時間以内出荷でしたね。

昨日はさらに日本語版の装丁のことで批判が出ていたようですね。

まず問題の装丁…というか表紙です。タイトルはいかがなものかとは思いますが、各国の表紙が見られます。
ジョブズの遺志をガン無視した犯人、それは講談社さんアンタだよ!

そしてそれに対する反応についてのTogetterのまとめ。
『ジョブズの遺志をガン無視した犯人、それは講談社さんアンタだよ』のリアクションまとめ - Togetter

確かに「帯」も付くと、いかにも日本のフツーの本です。確かに比べると日本語版が一番ゴチャゴチャしてますね。中国版のほうがよっぽどいい感じがしますよ。

翻訳本ですし、大手出版社ですし、アメリカ本国版とは全く違うものと思っていましたので、私としてはなにも感じなかったというか、こんなもんかと思っておりましたが、けっこう騒ぎになっていたので驚きました。

どうやらジョブズ氏ご本人が装丁にこだわっていたそうですね。それで皆さん憤慨されている方が多かったようです。講談社の中の人は、ジョブズ氏のことは、元々あんまり分かってなかったのでしょう。

そもそも2巻に分けて、しかも2巻は黒バックというところからして、すでに本国版とは大きくかけはなれてますからね。今回の1巻の背表紙の「I」のマークも、妙な位置にあります。うむむ、こうやってよくよく見ると、なんだかチープで残念な装丁だなぁ。信者はボリュームのある本国の米国判も入手して飾っておくのが良いでしょう。(iBook Storeを始めたアップルではありますが、ここはやはり電子版では味気ないです!)

R0015378ちなみにこちらの写真は、わざと帯をずらしております。帯がずれると顔の感じも変わりますねぇ。


私の印象としては、これまでよく売れていたジョブズ氏関連のビジネス本的なイメージの装丁なのかなと思います。講談社としては、アップル信者は当然買うとして、その他のフツーの人たちに買わせたいわけですから、出版社的位置づけとしてはビジネス書なのかも。平積みの時期が終わったら、書店ではどのコーナーに置かれることになるのかなぁ。

発売前から20万部だそうですし、講談社も思わぬベストセラーにウハウハしているところでしょう。そういえば講談社には宮部みゆきの「おまえさん」でも上下巻買わされたばかりでした。さて、2巻が出るまでに読まないと…。

こちらは米国版。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年10月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山野勝「江戸と東京の坂―決定版!古地図“今昔”散策」」です。

次のブログ記事は「遅ればせながら、iPhone 4S 64G ホワイトモデルを予約してきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。