本日のサブロでのお買い物。楽譜ミニノートに想う。

| コメント(0)

R0015497本日はSublo(サブロ)へ遠征。SASSOU 知られざる欧州文具店をのぞきに行ったつもりが、結果まが方眼罫ばかり買ってしまいました。最近は方眼罫コレクター化してきたような気がします。

LIFEのA5のKAPPANノート(買い増し)、同じくLIFEの方眼罫+トレーシングペーパーが交互のページになっているCHIT SKETCH、アピカにCDノート。アピカのCDノートは、CDジャケットサイズですが、用紙を王子製紙のSilky 865 Premiumを使用した高級厚口筆記用紙が使われています。

R0015498こちらはヒッキヨウグ柄ミニ便箋セット。


R0015500そして個人的に郷愁を誘った楽譜ノートHANONとCZERNY 。バイエルもあったのですが、これは私が使っていたものとは違うデザインでしたのでパス。このHANONのCZERNYは、まさに私が子供の頃に使っていた楽譜と同じデザインでしかも中身が方眼罫!

全音楽譜出版社発行の楽譜詩リー鵜「ピアノライブラリー」を忠実に再現したもので、全音ピアノライブラリーのために作られた専用の楽譜用紙やインキを使用して印刷したのだそうです。

HANONはねぇ、いかにも練習曲でしたから、退屈であんまり好きじゃなかったですね。大人になってから取り組んだほうが、まじめにできたかもしれないなぁ。

そしてピアノの楽譜をみるとどうしても思い出すピアノの先生。実はこの度の震災で亡くなられました。行方不明だという話は聞いていたのですが、半年ほど経った頃、新聞の亡くなられた方々の欄で名前を見つけ、やっと身元確認されたことを知りました。子供の頃はピアノ教室に通うのが嫌で、大人になってからもよく夢にでてきたのですが、その度に、もっとまじめに練習すれば良かったと後悔しています。先生、ほんとに不真面目な生徒でごめんなさい。今、先生のご冥福をお祈りしながら、このHANONとCZERNYのノートを眺めています。

サブロにはありませんでしたが、五線譜タイプもあるんですね!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年2月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「このMACお宝さんのスペシャルイベントのニュースは一体何だ?」です。

次のブログ記事は「特典付きの「わたしの小さな古本屋」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。