今年のうぐいす餅:のこり一括アップ

| コメント(0)

うぐいす餅(3)今日はひな祭り。本格的に桜餅や草餅の季節になり、あっという間にうぐいす餅が和菓子屋から消えてゆきます…。

今シーズンは1つ1つ記録するつもりでいたうぐいす餅。結局1つ1つというのももう季節外れなので、残りをまとめてアップします。

最初は伊勢丹地下「鈴懸」さん。昨シーズン食べ損ねたもの。こちらは美味しかったのですが、粉がきな粉そのものだったのが残念ポイント。きな粉も美味しいのだけれど、うぐいす餅感が薄れてきな粉餅を食べているような気持ちになります。

うぐいす餅(1)つづいて豪徳寺駅の北側のお店2店のうち、まず駅に近い「室まち」さん。こちらは餡が堅め。


うぐいす餅(2)駅から離れたほうのもう1店の東肥軒さん。こちらは逆に餡も餅も柔らかすぎるぐらいでした。


うぐいす餅(4)私には珍しく桜餅とセットで買ったのが、石巻の石巻小学校の裏手にある梅沢菓子店さん。90円と80円という安さ。そして普段あまり桜餅を食べない私なのですが、なんと桜餅のほうが気に入ってしまいました。道明寺タイプでごはんの部分がなんとも美味。


うぐいす餅(5)こちらは下北沢の伊勢屋さん。お稲荷さんが有名なお店。ちょっとこし餡の餡が今一つだったか。


うぐいす餅(6)最後に食べたのは、根津の秋田屋さんのもの。ここの大福も好きです。このうぐいす餅も、餅部分が厚く、緑色の粉も美味しかったので、餡は粒あんだったのだけれど、私としては好印象でした。本当は根津の商店街の笹屋さんにも行きたかったのですが、あいにくの定休日でした。

以上、残りのうぐいす餅達でした。なんだかんだ行って、今年は9箇所で食べました。しかし仙太郎のうぐいす餅を上回る味のお餅には出会えませんでした。本当は1つ1つもっと細かくレポートするつもりだったのに、iPhoneで写真撮影し、食べちゃうと記録もせずにハイおしまい…そして後で思い出せず、ということになってしまいました。企画倒れで反省。

でもまた来年も新たなお店のうぐいす餅を食べ歩きたいと思いますっ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年3月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「渋谷パルコミュージアム「kokeshi pop」展。」です。

次のブログ記事は「plusOrangeさんでリングノートを作ってみました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。