石巻ブックエイド・一箱古本市 準備編(3)スリップ製作中。

| コメント(0)

R0015737.JPG一箱古本市のルールとして、販売物の売上確認用に、出品本にスリップをつける必要があります。スリップというのは本屋さんで売っている本に入っている2つ折の栞みたいなもので、レジで精算する時に抜いているあれです。

現時点ではこんな感じで。屋号が「くものす洞」なので、クモのシルエットを入れることにしました。まだ微調整するかもですが。

fmlayoutslip
丸いところはカッターで切ってます。簡単に型抜きみたいにできるといいのだけれど…

出品本のデータベースはできあがっているので、FileMaker Proでレイアウトを設計して作っています。FileMaker Proだけでやろうと思ったのですが、微妙なところができなくて、イラストレーターで大枠を作り、JPEGに書き出したものを貼付けるというまわりくどいことになっています。せめてepsのデータがレイアウトに使えると良かったなぁ。

タイトルと著者名は、フィールドを並べるのではなく、マージフィールドでくっつけて表示。タイトル+空白1文字+著者名という具合です。しかし、縦方向の文字は記号が縦になってくれませんでした。これはFileMaker Proの日本語化が不完全だということですな。

で、このできあがりからわかる通り、スリップのデザインに時間をかけたというよりは、このクモのシルエットを大好きなオニグモにすべく、トレースに時間をかけたりしてしまって、それだけでやたら時間がかかってしまいました。

裏面も図柄を入れる方もいらっしゃるようですが、裏になにか解説コメントを入れたいなと思案中ですが、そんな時間があるかどうか…。準備はこの連休あたりまでが勝負かな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年7月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Google+アプリがやっとiPad対応に。」です。

次のブログ記事は「ウッディ・アレン「ミッドナイト・イン・パリ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。