銀座のソニーのショールームでPHA-1を試聴してきました。

| コメント(0)

ソニーのショールームにてPHA-1先日、銀座の伊東屋さんに、来年のダイアリーとボトルインクを買いに行ったのですが、ついでにソニービルに立ち寄って、まだ発売前だったソニーのボータブルアンプ「PHA-1」を試聴してきました。

それはウォークマンやヘッドフォンの並ぶコーナーにひっそりとありました。日曜日でしたが、誰も近づく人もなく、各種ケーブルもちゃんとついていましたので、心置きなく試してまいりました。

持参した(というかいつも持ってますが)iPhone 4Sを出して、Dockコネクタで接続。入力元をDockからのケーブルに切り替えて、使っていたイヤフォンをPHA-1に差し替えてみました。ソースは先日WAVファイルでリッピングした山下達郎氏のOPUSです。

自分のイヤフォンでは「確かにいいかも」程度の差でしたが、備え付けの視聴用のヘッドフォン(確かMDR-Z1000だったと思うのです)で聴き比べたところ、違いがはっきりさかりました。かなり重厚になります。これはパワーがかなり出ますね。いいないいな。

しかし…これを本気で使うなら、ヘッドフォンもそれなりに高級でないともったないかもしれません。ううむ、どうしようかな。年末まで悩もうと思います。

iPhone/iPod用としてだけでなく、家でもステレオにつないで、ヘッドフォンで静かに聴きたいときのヘッドフォンアンプとして使っても言い訳ですよね…。

PHA-1開発者Interview | 開発者インタビュー | ポータブルヘッドホンアンプ | The Headphones Park | スペシャルコンテンツ | ヘッドホン | ソニー
ううむ、ますます欲しくなってくるなぁ。確かにとてもシンプルな作りでした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年10月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Canon PIXUS MG6330で印刷。」です。

次のブログ記事は「文一総合出版の図鑑「日本のトンボ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。