我が家の自慢のコケはこちら。

| コメント(0)

お地蔵様 in Soramame

「コケの自然誌」を読んで、コケ達の暮らしにがぜん興味が沸いてきております。私の部屋にもコケが…。くみこさんにもらったものです。(外側は空豆型の入れ物、コケの中にいるのはお地蔵様。身長1.5cmぐらいです。)

実は、もともと中に入っていたコケを一度枯らしてしまったのですが、わが家の玄関前にびっしり生えているいろんなコケのなかから、柿の木の下に生えていたそれらしいものを、土と一緒にはがして移植。その後、常にたっぷりすぎるほどの水やりを心がけ、半年以上枯れずに維持できました。冬でもちょっと青いのでウレシイ。

やはり本にあったとおり「水」と環境(元々都会のコケですから)が寛容ですな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年12月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ロビン・ウォール・キマラー「コケの自然誌」」です。

次のブログ記事は「京王の「歳末古書市」2012で結構買っちゃいました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。