Android機を触らせてもらって、やっぱりiPhoneはイイと実感。

| コメント(0)

DoCoMo使いの妹も、昨年とうとうスマホに機種変。私も初めてAndroid機を触らせてもらいました。たぶんこちらだったと思うのですが…(写真撮れば良かったな)

docomo with series ARROWS V F-04E | 製品 | NTTドコモ
富士通製。

私がフリックで日本語入力していたら、うらやましがられたので、フリック入力できるアプリなどを入れるため、ちょっと使わせてもらったのですが、やっぱり自分はiPhoneで良かった…と実感しました。

まず、スクロールすると、なにやらギュイーンギュイーンと振動と共に音がします。モーターの音のようです。タッチパネルの静電気を使わないところが特徴なんだそうですが、ギュイギュイ言うのはどうなのかなぁ。音がするのはあり得ないですよ。これはハードの問題ですね。

もう1つ驚いたのは、終了時に必ずホーム画面に戻らないと、どんどん電池を消耗してしまうということ。それも凄いですよ。うっかりなにかしたまま放置すると電池切れを起こすということです。これもあり得ない!これはOSの問題でしょうか。いろんなことがある程度直感的にわかるというのがiOSの特徴かもしれないです。妹もiPadを使っているので、Androidの使いにくさは感じているようでした。

さて、きっかえのフリック入力。アプリをいれればできるのですが、Wnnを使ったアプリで、どうも見た目が悪い。確かGoogleの人が開発した、入力しやすい日本語キーボードがあったはずなので、せっかくならGoogle日本語入力を入れるべし、とオススメしたいと思います。

Android用新キーボード「Godan」、Google日本語入力に追加 - ITmedia ニュース

Google日本語入力はうらやましいけれど、それ以外はiPhoneで良かったと少しホッとしている自分がありました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年1月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女川まで行ってみたときの話。」です。

次のブログ記事は「LEGO Architecture Big Ben を4歳児とビルドする。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。