アップルに厳しく警告するアナリストってそんなに偉いのかなぁ…

| コメント(0)

シャープが次のiPhone向けの液晶パネルを、6月から亀山工場で量産開始というニュースがありました。
シャープ、亀山第1工場回復へ-来月にも次期iPhone向け液晶パネル量産:日刊工業新聞

あちこちでこの報道が引用されていましたが、CNETではこんな言い方も…。

次期「iPhone」液晶パネル、6月に量産開始か - CNET Japan
アナリストらが、Appleは第3四半期までにiPhoneの次期モデルをリリースする必要があると厳しく警告している一方、iPhone 5Sには遅れが生じる見込みだとうわさされている。

人に損をさせても謝りもしない人たちが、「厳しく警告」ってどういうことなんですかねぇ。へたな分析をするアナリストに逆に警告したいところですけど。

iPad mini用のRetinaディスプレイも6月か7月に製造開始という噂もあり、夏は無理でも秋にはiPhoneもiPadも登場しそうです。

新iPad Mini用のRetinaディスプレイ、6月か7月に製造開始との情報 | TechCrunch Japan

そうこうしているうちに、WWDCまではあと1ヶ月。とりあえずはOS関係の発表かなぁ。新しいMacBook ProやAir出ますかねぇ。

iPhone・iPadイベントは9月開催、Macイベントは6月開催 ―バークレイズ指摘 | ガジェット速報

iOS 7も開発がテスト段階に来ているのか、iOSからのトラフィックが増えているのだそうですよ。これまではiOSと新しいiPhoneは、少し日程をずれしてセットでリリースされていましたが、今回はそのペースは乱れるということですね。

iOS 7のモバイル・トラフィックが先週から急増―来月のAppleのWWDC開催を控えてプレビュー版のテストが追い込み段階か? | TechCrunch Japan

iPhoneの容量の残量を常に気にしている私としては、iOS 7でOSそのものの容量が肥大化しないことを祈ります。バッテリーの持ちも良くなりますように!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年5月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雑誌「こけし時代」VOL.7 弥治郎特集」です。

次のブログ記事は「iTunes Storeのひばり充実度に驚きました。ドーナツ盤まで!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。