サーモス真空断熱ケータイマグ:初めてのワンタッチタイプ体験

| コメント(0)
口は片手で蓋をあけることができます。茶色いのがロック。バッグの中などに入れるときはロックします。デスクの上に置く場合は、いちいちロックする必要はないと思います。蓋が閉まっていれば、倒れても中身がこぼれません。ただ、うっかりロックするのを忘れてバッグの中にいれてしまうことが何回かありました。 R0016121.JPGロックを外した後は、茶色い丸の部分を押して、蓋をパックリ開けます。パクッという感じではなく、思ったよりゆっくり開きますね
R0016119.JPG自動で開いたまま飲み物を飲もうとすると、目と目の間あたりに蓋があたります。私はメガネの人なので、余計にカツンと当たります。これは使いにくいかなと思って2~3日使っていたのですが、実は指などで蓋を押せばもう1段階開くことがわかりました。これも片手で出来ます。(こちらの写真は全開状態)
飲み口の部分は白いため、口紅のあとは付きますが、洗えばすぐに取れます。また、広口タイプとは口をつけた時の感じが少し違いますね。どちらかというと口を少しすぼめて飲む感じ。広口タイプのときは、唇の内側を良く火傷しましたが、この飲み口ですとそれは無さそう。 蓋を半開きで使っていた当初は「こりゃ失敗だったか?」と思いましたが、全開にすれば全く問題ないことがわかったので、快適に使えるようになりました。保温(熱い飲み物も、氷を入れた飲み物も)については広口タイプの頃から満足していますので、今夏はこちらメインで使っていこうと思っております。 私は少しでも荷物を軽くと思い、350mlの小さいタイプでしたが、ガブガブ飲みたい方は500mlをどうぞ。 R0016126.JPGで、柄が無いのは寂しいので、夏らしく(?)SNOOPYのJOE COOLシールを貼ってみました。ラメ入りシールなので、地の雰囲気とピッタリです。なかなかいい感じ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年6月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日の気になる記事:MacOSよりもiOSが気になりますな。」です。

次のブログ記事は「USB/DACとしてTEAC UD-501を注文しました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。