話題の「25万枚のレコードを保有するレコード・コレクターの家の中」

| コメント(0)

本が家の中にあふれているお宅は時々見かけますが、レコードがこれだけ積まれているのは確かになかなかないですね。しかもCDなんて全然なさそうなところがさらにスゴイ。元のレコード屋さんがつけたタイトルが「“Hoarder House” Full of Records」。レコードで一杯の秘蔵品ハウス…というところですか。

25万枚のレコードを保有するレコード・コレクターの家の中が「凄まじい」と話題に - amass
...
本と違ってレコードの場合は積みすぎると歪んでしまうのでは?


お風呂もレコードで一杯で、レコードを全部運び出すのに半年かかったそうです。部屋によってはゴミ屋敷スレスレの感もありますが、訪れた中古レコード屋さんにしてみれば、何が出てくるのかとドキドキワクワクしたのでは?

レコードは規格がそろっているので、意外と整然と並んでいるものだなと思いました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年8月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりのノートはMIQUELRIUSの100%リサイクルペーパーノート。」です。

次のブログ記事は「書籍『更地の向こう側―解散する集落「宿」の記憶地図』…トポフィリアってなんだ?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。