本日の手ぬぐい:国立劇場にて

| コメント(0)

本日国立劇場でキャッチした手ぬぐい。ファンブル無し。昨日につづいて再び手ぬぐいです。本日は職場の観劇会で三宅坂の国立劇場へ。松の内ということで獅子舞もあり、新しい銀座の歌舞伎座に比べると多少地味ではありますが、お正月らしい雰囲気たっぷりの観劇となりました。菊五郎&菊之助親子の競演と、そして奥様の富司純子さん(実は緋牡丹お竜がスキ)の着物姿も拝見できて良かったです。

1月の公演は、演目の最後に手ぬぐいまきがあります。舞台から出演者が客席に手ぬぐいを投げ込むのですが、比較的前の方の席にいて、ちょうど私の膝の上にポトリと落ちて来たので、ファンブルすること無くキャッチできました!

立て立てって書いてあるのかな。柄はこんな感じです。「立て立て」と書いてあるように見えるのですが、柄になにか意味があるのではないかと思いながらも、よくわからず…でした。

<追記>Twitterで教えていただきました!こ+9+立で「コクリツ」=「国立」だそうです。

また手ぬぐいが増えてしまったの巻でした。でも縁起物ですからね。今年はいいことがあるといいな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年1月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日いただきモノ:おばけのQ太郎手ぬぐい。」です。

次のブログ記事は「Audio HighJack Proで録音したものをiPhoneで聴くときはオーディオブックの設定を!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。