重曹で茶こしの渋取りをやってみた。

| コメント(0)

R0016355.JPG私は毎日茶葉で紅茶を入れておりまして、茶こしが1年も経つと茶渋で目詰まりしそうなぐらいに茶色くなります。茶こしを新しいものに買い替えたこともありますが、今回は茶渋落としに挑戦。酵素系の漂白剤で漂白できないこともないらしいのですが、安全策をとって重曹で茶渋を落としてみることにしました。

まずはこちらが茶渋を落とす前の茶こし。

ステンレスの鍋に重曹を大さじ2〜3杯入れて茶こしを入れ、沸騰させて2〜3分。これだけでは全然落ちた感じはしません。

R0016356.JPGそしてそのまま少し冷ました後にお湯から引き上げて、たわしてゴシゴシしました。すると茶色の渋が周囲にはねてしまうぐらいに渋が落ちてきまして、新品同様とまではいきませんが、だいぶ蘇ってくれました。

今までは真っ黒になると買い替えていたのですが、これからは極力渋取りで乗り切ろうと思います。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年1月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分のブログのアーカイブページを修正。」です。

次のブログ記事は「Apple Store Omotesando 〜TIGER COPENHAGEN東京店の近くらしい。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。