iTunes Match日本でも開始。現在登録&アップロード中。

| コメント(0)

先日、エコたわしなんぞを手編みで作っている間に、アップルが日本で「iTunes Match」というサービスを開始していました。クラウド(iCloud)にiTunesの曲をアップロードし、いつでもそのすべての曲を聴くことができる…というサービスです。

Apple - iTunes - iTunes Match
速報:アップルが音楽クラウドサービスiTunes Match を国内提供開始、年間3980円 - Engadget Japanese

音楽データでiPhoneの半分以上を占めている私としては、興味のあるサービスでしたし、私にとってiPhoneは、電話機能よりもiPod機能を重視しておりますので、さっそく試してみることにしました。これによって、いつも持ち歩く音楽データを減らし、iPhoneの記憶容量の空きを作り出せたら…という思惑です。

そんなにイロイロ曲を聴くわけではないのですが、出先でこの曲が聴きたくなるかもしれない…と思うと、iPhone中のライブラリをなかなか減らすことができません。しかし、このiTunes Matchがあれば、いつでも(3G回線でも可能なのか?)iCloudに保存されたデータで自分のライブラリの曲を聴けるらしいではありませんか。

ハイレゾ音源(WAVやアップルロスレス)については…

ALAC、WAV、または AIFF フォーマットの曲は、ローカルで個別の 256 kbps AAC 一時ファイルにトランスコードされてから、iCloud にアップロードされます。元のファイルは変更されません。

…ということで、iCloudにはAACに圧縮されてアップロードされるようですが、元のファイルはそのままらしいので、別のデバイスでダウンロードする場合はAAC 256kbpsに圧縮されたものになるようです。

加入は簡単。iTunesのMatchのところから加入のボタンを押すだけです。
Itunesmatchjoin

しかし、その先が問題でした。私のライブラリには、iTunesで購入したもの、CDからリッピングしたものが、合わせて10,060曲入っていました。これをスキャンするだけで、2日かかりました。3回ほど途中で止まってしまったためです。1度目は省エネルギー設定が働いてしまい、2,000曲ほどスキャンしたあたりで、スリープした後に先に進まなくなりました。
Itunesmatchscan

一度ストップし、画面は暗くするけれど、スリープはしない設定にしてからもう一度同期を開始。しかし、次は5,000曲あたりでまた先に進まなくなりました。このあたりで1日終了。2日目は、朝に一度Macを再起動してから同期を開始し、そのまま外出しました。夜に帰ってみると、すべてのスキャンは終わっていて、アップロードが半分ほど終わっていました。しかし、なにやら別件でエラーが出ており、アップロードも先に進んでいないようでしたので、再び同期を一度中止してから再開しました。

ということで、現在まだiCloudにアップロードの途中でございます。しかしアップロード途中であっても、すでにアップロードが終わった曲は他のデバイスで聴くことができます。母艦のiMacからアップロードしたものを、MacBook Airからみるとこんな感じです。iCloudにある曲は、雲のiCloudアイコンがついています。
Itunesmacthmba

20140504210410iPhoneでの設定は「設定」→「ミュージック」でiTunes Matchを「オン」にすれば良いのですが、iPhoneでオンにしてみたものの、すべてのライブラリとアートワークが同期されるまでにはこれまた少し時間がかかりそうです。この10,000曲分のデータとアートワークのキャッシュだけで、かなり容量を食いそうな気がしています。大丈夫かなぁ。

少なくとも4G回線では、クラウドのまま再生しても特に問題はない模様。


母艦のデータアップロードと、iPhoneへの完全同期が終わらないため、結局どうなったかはまた明日移行に!(無事終わっていれば…ですが。)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年5月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「不忍ブックストリート第16回一箱古本市:本日は客として箱巡り。」です。

次のブログ記事は「iTunes Match:あと2500曲。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。