今年の夏の水だし茶は「ほぼ日」で。

| コメント(0)

ほぼ日の日本茶 午年の新茶 水だし用1年のうち10ヶ月弱の期間、ほぼ毎朝ミルクティーを飲んでいます。朝にミルクティーを愛用のケータイマグに入れ、半分朝食と共に飲み、残りはそのまま職場に持っていって飲んでいます。

しかし…暑い季節になると、ミルクティーも少し暑苦しくなりますし、日中は(職場の冷房が弱めということもあり)冷たい飲み物も飲みたくなります。

ここ2〜3年は、生協の緑茶パックを使っていたのですが、なぜか今年はカタログに登場しないので、どうしようかと思っていたところにこちらを見かけ、さっそく「水だし」専用のにほん茶を注文してみました。

ほぼ日のにほん茶 - ほぼ日刊イトイ新聞

朝、出勤前にケータイマグにこのティーバッグを入れて水と氷を入れて出かけます。職場に着いた頃にはもう濃いぐらいに出ていますが、苦くて飲めないようなことはありませんでした。夕方まで何度か水や氷をつぎ足して飲んでいますが、味が悪くなることなくスッキリ飲めて美味しいです。

実は初日、激しく動いてボトルを持ち歩いていたので、シェイクされてものすごく濃いめになってしまいましたが、飲めないような苦味になることもありませんでした。

かなり気に入っておりまして、人気のあたり茶(急須を使わずに入れられる粉状のお茶)も一緒に買っておけば良かったなぁと少し後悔しているところです。来年は新茶の季節に買ってみたいと思っています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年7月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小林旭「アキラ」コンプリート。」です。

次のブログ記事は「レコードの売上げは伸びているようですが、本はどうなるのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。