iPhone 6:純正シリコンケース (PRODUCT)RED 装着。

| コメント(0)

iPhone 6 純正シリコンケース (PRODUCT)RED本日は銀座に行く用事がありましたので、Apple Store Ginzaで純正のケースを買うことにしました。午前中に行きましたので、店内にはiPhoneを買う行列(お店の外には無かったので数は少なかったようです。)もありました。

私は2階のアクセサリ売り場で、純正ケースをチェック。最初からシリコンを購入するつもりでしたが、色をどれにするか迷ってしまいました。ネットで見る限りはグリーンかなと思っていたのですが、ブルーにも魅かれたものの、せっかくApple Storeで買うなら…と(PRODUCT)REDにしました。真っ赤です。

iPhoneに入れたApple StoreアプリのEasy Payで自分で会計して終了。忙しそうなスタッフをつかまえなくても済むので楽ですね。クレジットカードのセキュリティーコードを入れる必要があったので、財布の中のクレジットカードを確認する必要はありましたが、コードを覚えていればそれも必要なし。

ストアを出てすぐにケース装着しましたが、グリップが効いて落っことしそうな感覚がなくなりました。サラサラの感触でエッジも無くなり、薄くなった分、手からスルリと抜けてしまいそうな感じがしていたのですが、ケース装着でだいぶ緩和されました。そういえば4Sから5になってサイズアップした時もそうだったような…。

iPhone 6 純正シリコンケース (PRODUCT)RED電源ボタンと音量ボタンはカバーされております。


iPhone 6 純正シリコンケース (PRODUCT)REDカバーを付ければカメラの出っ張りも気にならず。


iPhone 6 純正シリコンケース (PRODUCT)REDデザインとして耐えられない背面のアンテナスリットも見えなくなってウレシイ。

リンゴマークがエンボスの凹になっています。ちなみに皮のシリコンカバーのほうは、この凹の輪郭がさらにボンヤリした感じでした。皮加工の関係でしょうね。

iPhone 6 純正シリコンケース (PRODUCT)RED下部。

そういえば…ですが、iPhone 6は、フロントのパネルそのものもエッジがなくて丸みを帯びているため、保護シートを貼ろうとすると、1.5ミリ程度周囲に余白ができそうです。なんだかそれもかっこ悪いような気がするので、今回はフィルムなしで使おうと思っています。(フロントガラスも強化されていると思いたい!)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年9月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone 6:やはり片手持ちでは親指が届きません。」です。

次のブログ記事は「iPhone 6:1000万台突破ですか…私はiPhone 5sを売却してきました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。