渡辺守「トンボの生態学」:しかし東大出版会の本は高い。

| コメント(0)
年末に予約していた高額本が届きました。「トンボの生態学」です。

この数年トンボにはまっておりまして、昆虫の本としては珍しい「生態学」ということもあって発売を心待ちにしておりました。しかし…なにしろ東京大学出版会の本はどれも高い。正味230ページぐらいでカラーページも無い。たくさん売れるようなジャンルではないので、堅実に採算が取れるラインでの値付けなのでしょうね。

それはさておき、まだ届いたばかりでパラパラとめくってみただけですが、ピケティ同様に第1章がヒジョーに固い。数式やグラフが多くて完全に論文調です。

全体的にも図表が多いために教科書的な印象ですが、第2章以降は「習性学」「生理生態学」「行動生態学」「個体群生態学」「群衆生態学」「景観生態学」「保全生態学」「蜻蛉目の生態学」と、いろいろな角度の「生態」が取り上げられています。里山や自然との関わりなどについてもページを多くさいているようですので、期待通りではないかと想像しております。

その前にピケティ(あまたの新聞雑誌の解説文を読めば充分だという話もありますが…)がありますので、そもそも読み始めるのはいつになることやら。昨夜も早々に寝てしまったしなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年1月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ピケティ「21世紀の資本」:1合目半到達。」です。

次のブログ記事は「禿山さん(22):アララギ第4巻第4号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。