「大瀧詠一 Writing & Talking」は21世紀の資本を超える907頁の大作!

| コメント(0)

R0016710.JPGamazonに予約注文していた「大瀧詠一 Writing & Talking」が、3月21日の発売日を前に、ひと足早く先ほど届きました。

届いてびっくり、先日までヒーヒー言って読んでいたピケティの「21世紀の資本」を越える厚みとボリューム、堂々907ページの重量感ある単行本でありました。こんな厚い本、最近見たことないですよ。(この手のボリュームのある本は上下巻にしたりしますからね。ちなみに下敷きになっているのはレコードコレクターズ増刊。)

しかし書影だけではこの厚みは想像つかなかったなぁ…。内容は、大瀧詠一さん自らが書いたエッセイ、評論、インタビュー、ライナーノーツ、対談集を集大成したものです。まさに「バイブル」ですなぁ。ちょっとニヤニヤしながら眺めております。

「A LONG VACATION」の発売日でもあった3月21日は、大瀧詠一さんにとっても、ナイアガラーにとっても特別な日ですので、この本の発売日も3月21日になっています。

先週には、レコードコレクターズから「大滝詠一 スクラップ・ブック」も出ましたし、3月21日当日には、「NIAGARACDBOOKⅡ発売記念〜ゴーゴーナイアガラ~TV」がYouTubeで公開されるそうです。

「NIAGARACDBOOKⅡ発売記念~ゴーゴーナイアガラ~TV」をYoutubeにて公開決定! | Sony Music

そして、3月30日午前0:00〜BSプレミアムで「大瀧詠一ソングブック」という、大瀧氏の作品を紹介する特別番組が放映されるそうです。

BSプレミアム「大瀧詠一ソングブック」放送決定! | Sony Music

というわけで、3月21日を前にして、ナイアガラーには大瀧さんからのたくさんの贈り物が次々と届いておりますよ!

あとは、NHKさんに頑張ってもらって、NHK FMの「ポップス伝」シリーズを是非再放送して欲しいですっ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年3月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石巻市立門脇小学校閉校記念誌「あしあと」が届きました。」です。

次のブログ記事は「「はっぴいえんどマスターピース」が、ハイレゾ音源で配信開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。